ニモではないクマノミ!!

映画「ファインディングニモ」と聞いて思い浮かべるのは主人公のニモだと思います。ニモはカクレクマノミという種類なのを皆さんはご存知でしたか。
美ら海水族館にはニモとは違うクマノミやニモの仲間達も展示されています。
今日はニモではないクマノミ、トウアカクマノミを紹介したいと思います。

CIMG1609.JPG

体にはニモと同じ白い3本線が入っています。でも、しっかり見てみると頭の部分が赤いの分かりますか。

CIMG1612.JPG

トウアカクマノミの特徴は体に入る白い3本線と、頭のてっぺんが赤いとゆうことです。
もちろん、クマノミとセットのふわふわ揺れるイソギンチャクにトウアカクマノミも住んでいます。美ら海水族館にはトウアカクマノミの他にも違う種類のクマノミもいますし、映画に出てきた仲間達も展示されています。美ら海水族館へ行かれた際には映画に出てきたニモや仲間達を探してみても楽しいのではないかと思います。

美ら海水族館 ウミガメ産卵場所 

美ら海水族館の中のウミガメ館の横にある階段を下りていくと・・・・

CIMG1301.JPG

そうなんです!実は、こんな看板があるように

CIMG1298.JPG

ココでは野生のウミガメが産卵にくるスポットなのです!

CIMG1302.JPG

っといっても、閉館されている夜に来るので、実際に見ることはできないのですが、

是非どんなところで・・・どんな砂の上で・・
産卵しているのか自分の肌と目で確認してみてください。

CIMG1290.JPG

毎年行っている一般の方も参加できるウミガメの放流会も夏にありますので、
またそんなイベン情報分かり次第お伝えしていきます!

美ら海水族館 日本で珍しいウミガメ

美ら海水族館は、ジンベイサメ・・・サンゴ礁・・・イルカの『フジ』・・・様々なことに力が入っています!
実は・・・ウミガメに関しても力が入っているんですよ!

世界には正確に分けると8種類のウミガメがいます!
美ら海水族館はそのうちの5種類のウミガメが見られるスポットなんです!

CIMG1865.JPG

意外と知られていないかもしれませんが、日本ではあんまり見られず飼育されていないクロウミガメという種類が見られるんです!
クロウミガメは、日本の水族館では愛知県の南知多ビーチランドと美ら海水族館の2箇所しか飼育されていない貴重なウミガメなんです!  

CIMG1284.JPG

美ら海水族館に行った際は5種類のウミガメの違い(甲羅、形、大きさ、色、食べるもの、口の形)を観察するのもすごく楽しいですよ!

美ら海水族館 人気の秘訣

美ら海水族館はすごい!!

っというのも、世界初チャレンジの大水槽や3頭いるジンベイサメや難しいサンゴの飼育により、沖縄の海を再現された美ら海水族館ならではの水槽の数々・・・。

CIMG1573.JPG

それだけではないんです!!

よ~く回りを見てみてください。
いたるところで、お客様のことを考えているような設備が数々ありました。

タッチプールの横には手洗い場

CIMG1522.JPG
CIMG2049.JPG

いろいろ機械をタッチする場所には消毒液

CIMG1593.JPG
CIMG2120.JPG

美ら海水族館の出口近辺には・・・

CIMG2339.JPG

うがい用、飲み水用に分けられたウォータークーラー(水を飲む機械)が設置されていました。

CIMG2337.JPG

本当に施設もお客様の心遣いも美ら海水族館はすごい!!

限定商品 記念コイン

知っていましたか?

いろいろな場所に行った時、だいたい入り口か出口にこういう自動販売機を見かけると思います。
そこでしか買えない記念メダル!!

CIMG2347.JPG

キーホルダーやペンダントとしてお友達へのお土産や自分へのお土産に・・。
美ら海水族館も記念メダルがあるです!

CIMG2344.JPG

美ら海水族館では出口の所にあります!

400円でコインが作れて行った日付けや名前(30円~)がメダルに入れるので本当にいい記念なるはずですよ

CIMG2346.JPG

是非、美ら海水族館で思い出のコインをGETしよう!!

美ら海水族館 限定ガチャガチャ

美ら海水族館の出口をでたところに・・・

こんなデカイのがドーンと設置してあります

P2090142.JPG

実は・・・コレ美ら海水族館限定のガチャガチャなんです。
美ら海水族館のお馴染みの生き物 ジンベイザメをはじめいろいろな美ら海水族館の生き物のフィギュアがあります

P2090146.JPG

生き物好きなお友達へのお土産や……

美ら海水族館へ行った自分の記念に部屋に飾ったりするのもいいですよ!

美ら海水族館 エメラルドビーチ

美ら海水族館がある本部は有名なビーチが何箇所かあります!
瀬底ビーチや塩川ビーチ・・・そして、いろいろなガイドブックにも紹介されている・・・
エメラルドビーチ!!

美ら海水族館もある海洋博の中に入っているのがエメナルドビーチになっていきますので、美ら海水族館に行ったあとにすぐに行けちゃうんです♪

エメナルドビーチは・・・沖縄ではじめて造られた人口のビーチなんですよ!

しかも「日本の水浴場55選」にも入っているぐらいなので、最高ランクをつけれるぐらい綺麗な海が楽しめる場所なのです。

CIMG1838.JPG

180度、海の景色に向こう側に伊江島も見えちゃうナイスポイントでもあるんです!

CIMG1842.JPG

探せば、こんな無人島に来たみたいな雰囲気も味わえる場所もあります!!

CIMG1852.JPG

今年はまだはっきりした日にちは決まっていませんが、だいたい3月下旬頃~10月まで海水浴ができます。
入場は無料で誰でも入れますが、シュノーケルは禁止になっています。

20090207113316.jpg

くらげ防止や監視の方もいますので、家族連れにオススメなビーチです!

CIMG1847.JPG

美ら海水族館から電気遊覧車(1回100円 1日200円)も出てます。約5分程度の乗車で行けますので是非活用して行ってみてください。

CIMG1310.JPG

美ら海水族館 「サメコーナー」

P2090066.JPG

美ら海水族館にはこんなコーナーが・・・・
サメコーナー』です。

水族館でこんなに題材的に大きく取り上げているサメコーナーはあまりなかったと思います!
美ら海水族館では【サメ博士の部屋】と題してサメに関するものばかり展示してあるコーナーがあります。
ここには、ジョーズでお馴染みのサメが他のサメと悠々と泳いでいる姿が見られたり・・・

CIMG1760.JPG
CIMG1758.JPG

サメの断面図の模型が置いてあったり・・・

P2090083.JPG

ホルマリン漬けにされたサメの胎児を観察できたり・・・

P2090077.JPG
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いろんなサメ肌を体験できるコーナーもあります!

P2090081.JPG

サメと言ったら「怖い」というイメージしかないと思いますが、他の魚と違うサメの生態について目や肌で感じられるので是非「サメは見なくていいか。」っと見逃さないで面白いので覗いてみてくださいね。

美ら海水族館 喜ばれるお土産

沖縄の美ら海水族館に行ったら、友達などに美ら海水族館ならではのグッズや珍しい限定お土産をあげたいと思うのは私だけでしょうか?

美ら海水族館では様々な沖縄ならではのお土産からココでしか手に入らない限定グッズなどがあります!

CIMG2336.JPG

今日は、ちょっと変わったお土産を紹介します!

沖縄美ら海水族館と言ったらジンベイザメが有名なので、ジンベイザメに関連のグッズが多いように感じます。
例えば・・・
マニアック好きにはたまらない!!!美ら海水族館オリジナルのジンベイザメフィギュア(1575円)

P1000258.JPG
P1000259.JPG

ジンベイザメのイラストのTシャツ!

他にも、見た目も可愛いエコバック

CIMG1794.JPG

自分へのお土産として人気なぬいぐるみもあります!

CIMG1780.JPG

『もっとインパクトなお土産はないのかなぁ』っと思っている方にピッタリ!!
同僚へのお土産や家族へのお土産にはコレはいかがでしょうか。
【巨大ジンベイザメサブレ(2100円)】

CIMG1782.JPG

みんなからの注目度抜群のおみやげだと思います!
しかし、あまりにもデカすぎて持って帰る時は荷物のバックに入らず手で持って帰らないといけないことも・・・。
飛行機などの移動の際も周りからの視線が熱い商品です(笑)!!

他にも、よく見渡せば面白い商品がありますので是非探してみて満足するお土産GETしてください♪

美ら海水族館ちかくのマリンスポーツショップ
「沖縄マリンスポーツスルル」

ウミガメ館は龍宮城

美ら海水族館の館内を出て、オキちゃん劇場の隣にウミガメ館はあります。
ウミガメ館というと、建物を思い浮かべる方が多いかと思いますが、
実はこのウミガメ館、地階にあるのです。
その為、この看板を目指して行けば、迷うことはないので安心を!

CIMG1279.JPG

現在、美ら海水族館では5種類のウミガメが飼育されていて、
水族館で産まれた可愛いコガメも見ることができます。
地上からは、呼吸する亀や水族館で産まれた人工繁殖の小亀たちが観察できます。

CIMG1276.JPG

地階には、ウミガメの詳しい生態や水族館で行われているウミガメの研究についても、
分かりやすく紹介されています。

CIMG1282.JPG
CIMG1281.JPG

水槽内をゆったりと泳ぐ海ガメを眺めながら、
龍宮城の様な、海中にいる気分になってみてもいいかもしれません。
ぜひ、美ら海水族館へ行かれた際にはウミガメ館へも足を運んでみてはいかがですか。