「うみちゅらら」が国際通りにオープン

2014年4月26日、那覇市の国際通りに美ら海水族館のアンテナショップ「うみちゅらら」がオープンしました!

2014-05-14 12.09.19.jpg
2014-05-14 12.55.57.jpg

わしたショップ本店2階にありますよー

2014-05-14 12.57.31.jpg

水族館で買い忘れたお土産なども、帰りの国際通りのお買い物で購入することが出来ますね

2014-05-14 12.59.46.jpg

また水族館の人気グッズの他に、店内には「やんバザール」なるコーナーがあって、やんばるの特産品も多く取り扱われてました

2014-05-14 12.56.10.jpg

水槽があって、水族館にいる魚たちも観ることができますよ(^-^)

この他、店内にはカフェがあってのんびりできました
また200インチの大きなスクリーンが設置されてますので、こちらでもジンベエザメの迫力ある姿を見ることが出来ます!

美ら海水族館 おすすめ!撮影スポット

美ら海水族館にはオススメ撮影スポットがたくさんあります!

美ら海水族館の本館に入る入り口のところにオキちゃん劇場やウミガメ館をバックに青い海が広がるスポットがあるんですよ

P2190048.JPG
P2190053.JPG

水族館館内の大水槽は有名で撮っておきたいスポットだと思いますが、やっぱり人が多くてどうしても他の人が入っちゃいますが・・・

P2190135.JPG

そこで!
美ら海シアターの場所は映像が流れるところですが、放映されてない時間は映像が流れるハイビジョンのカーテンが開き、大水槽が見れちゃうんです。

P2090027.JPG

そうなんです!ココはちょうど大水槽の裏側に位置してあって間近にジンベエザメやマンタを観察できるスポットなので写真もバッチリ撮れますよ。
人も大水槽に比べて 少ないので自分達だけの写真が撮れる可能性大!

CIMG1621.JPG

しかも、間近にジンベエザメやマンタを観察できるスポットなんですよ。

CIMG16301.JPG

あと、もうひとつオススメ写真スポットをお伝えします!

水族館出口を出られてすぐ帰るのではなく、海側に向かってください!
ココはあんまり知られていないですが、右手にはエメラルドビーチ

CIMG2386.JPG

塀を登ると・・・・

CIMG2392.JPG

正面には伊江島が見えちゃう180度海のすごい 景色な綺麗なスポットとなってます!

CIMG2387.JPG

是非、みんなでいろんなスポットで自然となった素敵な笑顔の写真を撮ってみてくださいね♪

美ら海水族館 大水槽

美ら海水族館といえば……ジンベイザメが3匹もいるぐらいでっかい大水槽!
水槽の大きさ、水槽のガラスの厚さ、ジンベイザメ3匹の飼育……すべてが日本を飛び越えて世界初の試みだったんです。

美ら海水族館の水槽は横22,5m 縦8,2mもあるんです。
人間と比べたらこんなにも大きさが違うんですよね。

P2090045.JPG

ちょうど大水槽の横には美ら海水族館の凄さが分かるこんなものが展示されてありました。

CIMG2288.JPG

こんなにでかい水槽なのでかなりの圧がガラスにかかってきます。ですので、魚との間にある水槽のガラスはなんと60cm!!とかなり分厚いんです。
人間の赤ちゃん(4ヶ月~5ヶ月)の高さと同じぐらいの厚さがあるんですよ

P2100051.JPG

大水槽の横で、実際に使われている厚さが実感できるスペースも設けてありました。携帯と比較したらどのくらい厚いか分かると思います。

P2100058.JPG

皆さんこの水槽の目の前に来ると必ずと言っていいほど「うわぁ~!すごい!」と共に、
魚との間にガラスがあるとは思えないぐらいの透き通った大水槽に「綺麗ぃ~!」っという声が聞こえてきます!私ももちろんみんなと同じように叫んじゃいました。

CIMG2160.JPG

まだ行ったことない方、世界初のデカイ大水槽を目と肌で体験してみてくださいね

美ら海水族館 オキちゃん劇場

美ら海水族館がある海洋博覧会記念公園には入場料が無料の施設があります。
水族館の外にある施設、オキちゃん劇場もその一つです。
水族館入り口から見ると海の側にドーム型の建物が見えるのですが、それがオキちゃん劇場です。

CIMG1515.JPG

観客席からは沖縄の海をバックにイルカショーを観覧することができます。

20090207120532.jpg

水上にあるターゲット(目標)にタッチしているオキゴンドウです。

P1000174.JPG

こちらは、ショー終了後のバンドウイルカです。

CIMG1877.JPG

ショーが終わると水槽の近くまで行くことができる為、イルカを間近で観察することもできます。
写真も近くに行って撮ることも可能です。でも、あんまり近ずきすぎると水をかけられたりすることもありますので貴重品には注意して下さい。

皆さんも、美ら海水族館の後にはオキちゃん劇場へ行ってみてはいかがでしょうか。

美ら海水族館 サメの歯

美ら海水族館には『サメ博士の』というコーナーがあります

P2190155-2.JPG

ココでは普段、怖いイメージのサメを様々な視点から見れちゃうコーナーです。子供はもちろん!大人まで楽しめちゃうコーナーになっているんですよ!

CIMG1751.JPG

特に・・・サメの歯!

CIMG1755.JPG

サメによって歯もいろいろ形が違うんです!
美ら海水族館の『サメ博士の』では美ら海水族館のマスコットのジンベイの歯から・・・

CIMG2300.JPG

エイの仲間の歯の模型まであるんですよ
食べるものによって口の大きさも異なっているんですよ

CIMG2302.JPG

そんなことを考えて見てみると、より一層楽しくなるはずです!

写真を撮るなら・・・

よく美ら海水族館『どこで撮ろうか?』っと言っている方を見かけます

美ら水族館のオススメ写真スポットありますよ

家族や大勢で撮るスポットなら………

ここで撮った写真を見たら美ら海水族館に行ったのが一目で分かる場所になっています。
海も後ろに見えてベストポイントなこんな場所もあるんですよ。

CIMG1505.JPG

しかも、よく他の皆さんも通る道になってますので、気楽に『写真撮ってもらえますか?』っと言えると思います

カップルで撮るスポットなら………
この場所がオススメです!

P2190192.JPG

ここの場所はおすすめスポットになっていきますが、
通る道にもなっている場所なので他の人の邪魔にならないようにしていってください

大水槽の目の前で撮っていくのもいいですが、

P2190206.JPG

下に下りるスロープのちょうど真ん中あたりが大水槽全体が撮れるナイスな場所なんです!

P2190201.JPG

ココでは撮るときのポイントがあります!!
皆さん、フラッシュを必ずやっている方をみかけますが、人が多い場所になっていくので、フラッシュをしていくとこうなります・・・・

P2090070-1.JPG

ここはこれでいいと思いますが、フラッシュをしないでやると・・・・

CIMG1662-1.JPG

薄暗いので他の人もシルエットとなりいい感じの写真になるんですよ!
しかも、薄暗いのでちょっと普段は声かけにくい人も言いやすいと思います。

友達と撮るスポットなら………
サメコーナー【サメ博士の部屋】にあります!

P2190155.JPG

巨大サメの歯の中に入って撮れるんです!

P2090091.JPG

面白いポーズができる材料といってもいいぐらいの大きなサメの歯がありますので、

CIMG2298-1.JPG

記念にみんなで面白く撮ってみてくださいね♪

美ら海水族館 お土産 人気商品は?

美ら海水族館お土産にどれを買えばいいか迷っている方に・・・・。

CIMG23361.JPG

お友達のお土産なら・・・キーホルダーや小さいぬいぐるみが人気です!可愛いい文具道具でも喜ばれると思います。

CIMG1778-1.JPG
CIMG1779.JPG

家族や仕事仲間などたくさんの人にあげる場合は、やっぱり数があるお菓子になってきます。
沖縄は、紅芋が有名でお菓子の紅芋タルトが有名なお土産の1つになっています。
美ら海水族館のマスコットキャラクターのジンベエザメがプリントされた限定の紅芋タルトやこれまた美ら海水族館限定のジンベエサメ型のちんすこうが人気です。

CIMG1784.JPG
CIMG1787.JPG

自分用には、デッカイぬいぐるみやTシャツを買われる方が多いです。沖縄では沖縄ならではのTシャツを買って次の日に観光される方もそう珍しくありません。

他にもたくさんの定番から面白い商品がある美ら海水族館のオリジナルお土産グッズ!!是非、迷った時にでも参考にしてくださいね♪

P2200302.JPG
P2200307.JPG

何が世界初??

美ら海水族館は日本を飛び抜けて世界初の取り組みが数々されています!
私が知っている中でも美ら海水族館には4つの世界初があります!

CIMG1506.JPG

【サンゴ礁】
今では、日本の水族館でもサンゴの飼育をしているところは増えてきてますが、
沖縄の美ら海水族館が世界で初めてサンゴの飼育に成功したんですよ

CIMG2056.JPG

【ジンベエザメ】
ジンベエザメの飼育は他の水族館でも行われていましたが、でかくて、しかも餌を食べるとき、立って食べることから複数のジンベエザメの飼育を行うのは困難だと思われていました。美ら海水族館は大きな水槽と餌の食べ方の方法を少し変えることで複数のジンベエザメの飼育に成功し、ジンベエサメ3匹の複数飼育での世界初記録を作りました!

P2090079.JPG

【アクリルガラス】
大水槽は高さ8.2メートル、横幅22.5メートル、水槽と私達の間には厚さ60センチとかなり分厚いアクリルガラスで出来ています。
皆さん水槽の大きさだけが世界初と思われている方も多いようですが、よーく見てください!ガラス、継ぎ目が全く分からないと思います!
この継ぎ目の分からないアクリルガラスの厚さも世界初の試みだったんです!

【マンタ】
大きな体のマンタは、生態がまだ謎なところがあります。ですので、マンタの飼育をされた水族館はあっても成功!といえるものではなかったみたいです。
美ら海水族館はマンタを1匹だけではなく4匹同時の飼育を世界初成功させたんですよ!

P2190209.JPG

このことも踏まえて美ら海水族館を見ていくとまた見方が変わり、何回か行っている人も楽しいはずです!

自分の目で沖縄の美ら海水族館で世界初を実感してみてくださいね♪

海の中でのんびり!!

美ら海水族館にいるジンベエザメやマンタを体の下から観察することが出来る場所。
それが、アクアルームなんです!!

CIMG1707.JPG
P2090107.JPG

小さな魚の群れも下から観察すると、普段と違う感じです。

P2090103.JPG

ジンベイエザメも下から見るとさらに迫力が増します。

P2090106.JPG

マンタも良く見ると腹部の模様が違うんです。白っぽいものや黒っぽいものもいました。

CIMG1711.JPG

黒潮の海水槽は、正面からの眺めも楽しいですが、下からノンビリと魚達を眺めてみるのも良いかもしれません。
皆さんも美ら海水族館へ行かれた際にはアクアルームへ行ってみて下さい。

海洋博覧会記念公園 色々な所に隠れている!!

美ら海水族館がある、海洋博覧会記念公園の中の建物の入り口や屋根などには様々なシーサーがいます。
屋根にいると、こんな感じのシーサーです。

CIMG1489.JPG
CIMG1270.JPG


入り口にいる場合はこんな感じのシーサーです。

CIMG1512.JPG

シーサーにも様々な表情があり凛々しい表情をしていたり、かわいい表情をしていたりと1匹1匹様々です。こちらのシーサーは凛々しい表情をしています。

CIMG1491.JPG

公園内には、この他にも沢山のシーサーがあり、案内板のブロックの中にシーサーがいたりします。大きさや場所も様々ですので皆さんも美ら海水族館に行かれた後には公園の中でシーサー探しをしてみてはいかがでしょう。